2012.05.18

FIFA代理人がラベッシ移籍に見解「移籍金を支払うことができるのはパリSGだけ」

 今シーズンもコンスタントな活躍を見せ、移籍市場での話題の中心にいるナポリのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ。FIFAの公認代理人であるエルネスト・ブロンゼッティ氏が、移籍先について自身の見解をイタリアメディア『ラジオ・キス・キス』に語った。

 ブロンゼッティ氏は「ラベッシへの莫大な移籍金を支払うことができるのは、パリSGだけだ。(噂された)インテルはレースから撤退した。早ければコッパ・イタリア決勝(20日のユヴェントスvsナポリ)の前に決まるだろうね」とラベッシの移籍について言及した。

 また、ラベッシが移籍した場合、ナポリがジェノアのアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオの獲得に動くとイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。ジェノアのステファノ・カポズッカSD(スポーツディレクター)もイタリアメディア『ラジオ・マナ・マナ・スポルト』で「パラシオ残留はファンの願いだが、欧州トップレベルの選手だ。偉大なクラブへ移籍するだろう。ローマなど複数のクラブからオファーがある」と移籍を容認している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る