2012.05.17

レアルのモウリーニョ監督「メッシの50ゴールは何の役にも立たない」

 レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督は15日、母国ポルトガルのメディアグループ『SIC』とのインタビューで、2012年のFIFAバロンドール(世界年間最高選手)の行方について、これまで同賞を3年連続で獲得(統合前のFIFAワールドプレーヤーおよびバロンドール時代から含め)しており、今シーズンは前人未到の50ゴールを記録してピチーチ(リーグ得点王)に輝いたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシではなく、自軍の大 黒柱のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞するべきとの見解を改めて示した。

「フットボール界がフェアな世界であるなら、バロンドールはクリスティアーノに与えられなければならない。それは、彼のゴールがリーグ制覇に大きく貢献したからだ。メッシの50ゴールは何の役にも立たない。それは、クリスティアーノが昨シーズン、42ゴールを挙げて得点王に輝いたものの、意味を成さなかったのと同じようにね。ここ数シーズンのメッシが示している通り、この賞を手にするのはタイトルを獲得したチームの選手だ。したがって、今シーズンはクリスティアーノが受賞しなければおかしい。彼はヘディング、FK、ロングシュート、カウンターなど、あらゆる形からゴールを奪える最も完成度の高い特別な選手だ」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る