2012.05.17

トッティ、噂される盟友の監督就任に「モンテッラは素晴らしいキャラクター」

 今シーズン、元バルセロナのルイス・エンリケ監督をを招へいしリーグ7位に終わったローマ。L・エンリケ監督も就任1年でクラブを離れることが決まった。

 決して成功とは言えなかったシーズンを送ったローマ主将フランチェスコ・トッティが、来シーズンについて語っている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 次期監督の最有力候補とされ、2010-11シーズン途中からローマを指揮した経験もある、かつての盟友ヴィンチェンツォ・モンテッラについて聞かれると「ヴィンチェンツォは監督として素晴らしいキャラクターを持っている。4カ月間ここにいた時は、俺をメンバーから外したことだってあるんだからね」と冗談を飛ばしつつも、モンテッラの手腕に太鼓判を押した。

 ルイス・エンリケ前監督については「俺たちは常にルイス・エンリケがいれば大丈夫だと言ってきた。素晴らしい人間性を持った彼が好きだった」と退任を惜しんでいる。

 来シーズンについては「(ダニエレ)デ・ロッシが補強を訴えている? 俺は毎年のように言っているさ」と補強の必要性を話している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る