2012.05.17

ホジソン監督、テリー選出を語る「重要なのはパフォーマンス」

 ユーロ2012を戦うメンバーを発表したロイ・ホジソン監督は16日、人種差別的発言疑惑により、2月に代表主将から解任されたチェルシーDFのジョン・テリーも選出した。ホジソンはテリーについて、現時点では推定無罪であるとし、あくまでサッカーについて考慮した上で同選手を選出するに至ったと明かした。『スカイスポーツ』が報じている。
 
「ジョンは裁判で有罪の判決を受けたわけじゃない。現段階で、彼が無罪であることを我々は強調しなければならない。結果として、ジョン・テリーに関する私の決定は、サッカーを純粋に考慮した上でのものだ」
 
「私は自由にメンバーを選ぶことができる。私がジョンを選べば、人々を驚かせることになるのも理解できるよ。しかし、これが私の下した決断だ」
 
「ジョンは、特にシーズンの後半においてとても良いプレーを見せたと思う。バルセロナ戦でのプレーを批判する者もいるかもしれないが、私はより長い期間を見て評価を下す。私は彼が良いパフォーマンスを見せたと考えているよ」
 
「チェルシーのFAカップ優勝、チャンピオンズリーグの決勝進出にジョンは大きく貢献した。だからこそ、私は彼が代表にふさわしい人物だと思ったんだ。彼が勝利の助けになると信じているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る