FOLLOW US

デル・ピエロ「レアル戦で受けたスタンディングオベーションは一生忘れない」

 先日、イタリア・セリエAで9シーズンぶり28回目となるリーグ制覇を決めたユヴェントスで、今シーズン末での退団が確実視されているキャプテンの元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが、2008-2009シーズンのチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節のレアル・マドリード戦で相手サポーターから受けた喝采を、これまでのキャリアで最も感動した瞬間の1つに挙げた。

 デル・ピエロは、13日に行われたセリエA最終節のアタランタ戦では、サポーターから熱狂的な歓声を一身に浴び、ユヴェントス・スタジアムでの最後の一戦を終えている。感動冷めやらぬ同選手だが、その一方で『Facebook』を通じて節目を迎えたキャリアを振り返り、自身の2ゴールによりチームを 2-0の勝利に導いた3シーズン前の一戦での出来事に思いを馳せた。

「あれはファンタスティックでマーベラスな、いつまでも心に残る試合だった。僕にとってあの試合が特別な意味を持つのは、自分の2ゴールやチームの勝利だけではなく、あの偉大なスタジアムからのプレゼントによるものだ。サンチャゴ・ベルナベウでスタンディングオベーションを受けられるほど素晴らしいことなどない。あの瞬間は一生忘れない。全ての“マドリディスタ”(レアル・マドリードのファン)にお礼を言いたい」

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA