FOLLOW US

本田が最終戦で復活弾、9カ月ぶり今季8点目…CSKA敗戦でCL出場権逃す

 ロシア・プレミアリーグ最終節が13日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するCSKAモスクワはアウェーでルビン・カザンと対戦し、1-3で敗れた。これにより、CSKAは3位に転落し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃している。

 前節、出場停止で欠場した本田は2試合ぶりにスタメン復帰。勝利すれば自力での2位が決まり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を手にできるCSKAは45分、DFラインからのロングボールに抜け出した本田がDFと競り合いながら左足でシュートを放ち先制点を奪う。本田にとっては昨年8月21日に行われた第21節のトミ・トムスク戦以来、約9カ月ぶりとなる今シーズン8点目。負傷から復帰後初ゴールとなった。

 しかし、CSKAは後半に3失点を喫し、まさかの逆転負け。最終節に勝利した3位スパルタク・モスクワにかわされ3位となり、チャンピオンズリーグ出場権を死守することはできなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO