FOLLOW US

リーグ戦に続きタイトル逃したバイエルン「ドルトムントが優勝にふさわしい」

 ドイツカップ決勝が12日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するバイエルンは日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに2-5で敗戦。リーグ戦に続き、ドルトムントにタイトルを許す格好となってしまった。

19日に行われるチャンピオンズリーグ決勝のチェルシー戦に向けて、不安を残す内容となってしまったバイエルン。敗戦後、バイエルン関係者のコメントがオフィシャルHPやドイツメディアに寄せられている。

■ユップ・ハインケス監督
「まずは優勝したドルトムントを祝福したい。今日はドルトムントが優勝にふさわしいプレーをし、我々の弱点を突いた。我々の守備陣は集中力が欠けており、まったく機能していなかった。ドルトムントは前半たった一つのチャンスで3点を決めた。我々は決定的な場面で不用意なミスを犯してしまった。これでは勝てない。我々は勝利に値しなかった。まだ我々には大きな目標がある。チャンピオンズリーグ決勝にはショックを拭い去って臨む。これは全く別の意味を持つ試合だからね」

■フィリップ・ラーム主将
「90分間僕らのほうが良いゲームをしていた。しかし、大きなミスを犯して相手にチャンスを与えてしまい、それをドルトムントは活かしたね。来週はこのようなミスは許されない」

■アルイェン・ロッベン
「2-5での敗戦は厳しい。説明できないよ。今は悔しいけど、月曜日からチャンピオンズリーグ決勝に向けて気持ちを切り替える」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO