2012.05.12

プレッシャーなしのソシエダとバレンシアの対戦には打ち合いを期待

 前節オサスナ戦に敗れたことで、僅かに残っていたヨーロッパリーグ出場権獲得の望みが断たれたレアル・ソシエダ。既に残留を決めている彼らにとって、この最終節に向けた最大のモチベーションは先日今シーズン限りの引退を表明したMFミケル・アランブルを勝利と共に送りだすこととなった。

 対するバレンシアも前節ビジャレアルとの“バレンシア・ダービー”を制し、目指す3位の座を確定した。こちらは数日のうちに、ウナイ・エメリ監督の退団とマウリシオ・ペジェグリーノ新監督の就任が決定。毎年主力選手を引き抜かれながらも3年連続で3位にチームを導いた指揮官に最後の勝利をプレゼントすることを目標に、最終節に臨むことになる。

 お互いにノープレッシャーで戦えるだけに、試合はオープンな打ち合いになることを期待したい。レアル・ソシエダはフィリップ・モンタニエル監督が本来目指した丁寧にショートパスをつないで攻撃を組み立てていくサッカー、バレンシアは複数の選手とボールが連動してサイドを崩していくダイナミックな攻撃をピッチ上で表現し、シーズン最後の一戦を良いイメージと共に締めくくってもらいたいものだ。

 なおレアル・ソシエダは右サイドバックのDFカルロス・マルティネスとボランチのMFゴルカ・エルストンドが負傷欠場。バレンシアはDFアディル・ラミが出場停止、DFジェレミ・マチューが負傷中で、首を痛めているFWロベルト・ソルダードも休ませることになるだろう。

【予想スタメン】
・レアル・ソシエダ [4-2-3-1]
GK:1.クラウディオ・ブラボ
DF:22.ダニエル・エストラーダ、15.イオン・アンソテギ、3.ミケル・ゴンサレス、24.アルベルト・デ・ラ・ベジャ
MF:20.アシエル・イジャラメンディ、11.ミケル・アランブル、10.シャビ・プリエト、17.ダビド・スルトゥサ、23.カルロス・ベラ
FW:9.イマノル・アギレチェ

・バレンシア [4-2-3-1]
GK:13.ビセンテ・グアイタ
DF:12.アントニオ・バラガン、20.リカルド・コスタ、18.ビクトル・ルイス、17.ジョルディ・アルバ
MF:6.ダビド・アルベルダ、24.ティノ・コスタ、8.ソフィアーヌ・フェグリ、7.ジョナス、19.パブロ・エルナンデス
FW:11.アリツ・アドゥリス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る