2012.05.12

引退を表明したインテルのコルドバ「最高の夢を見させてもらった」

 今シーズン限りで現役を引退するインテルのコロンビア代表DFイバン・コルドバが、引退表明をした際の心境を明かした。クラブの公式HPが伝えている。

 コルドバは、4-2で快勝した6日のセリエA第37節ミラン戦後に、現役引退を表明。「あの夜は、感動のあまり胸が張り裂けてしまうかと思ったよ。ダービーで使ったボールは、チームメート全員にサインをしてもらい、僕がもらったんだ。いずれにせよ、試合の日にも言ったけれど、感謝しているのは僕の方だよ。苦難あり、栄光ありの素晴らしい期間だったね。本当に最高の夢を見させてもらったようなものなんだ」と振り返った。

 また、引退後のインテルとの関わりについては、「僕のアドバイスがインテルのこれからに役立つのであれば、喜んでクラブに貢献したい。今後、何をやるかは既に決まっているけれど、発表までは数日待ってもらいたいね」とコメントするにとどまった。

 コルドバは、1999-2000シーズンにアルゼンチンのサン・ロレンソからインテルに加入。インテルでは13シーズンで454試合出場18ゴールを記録していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る