2012.05.12

チェルシーに暗雲…D・ルイスとG・ケーヒルのCL決勝戦出場に黄信号

 チェルシーに所属するDFダビド・ルイスとギャリー・ケーヒルは、負傷により19日に控えるチャンピオンズリーグ決勝戦への出場が微妙になっている。ジョン・テリーとブラニスラフ・イヴァノビッチが出場停止となっているため、D・ルイスとG・ケーヒルが復帰できるかどうかは試合に大きく影響しそうだ。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 D・ルイスは先月15日に行われたFAカップ準決勝のトッテナム戦で、G・ケーヒルは先月24日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのバルセロナ戦でそれぞれ負傷。両選手について、ロベルト・ディ・マッテオ暫定監督は13日のプレミアリーグ最終節のブラックバーン戦には間に合わないと述べ、チャンピオンズリーグ決勝に出場できるよう全力を尽くすと語った。
 
「ダビド・ルイスとギャリー・ケーヒルは、ブラックバーン戦には間に合わないだろう。我々は最大限努力しているし、来週には両選手ともトレーニングに復帰できるよう動いている」
 
「彼らのけがは3、4週間のものだ。3カ月などではない。出場停止となっている選手もいるから、我々はギャリーとルイスのため出来る限りのことをしなければならないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る