2012.05.11

プジョル離脱を嘆くカシージャス「スペインは厳しい局面に立たされた」

 レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシージャスが、右ひざの故障により来月8日に開幕するユーロ2012への出場が絶望的となったバルセロナのスペイン代表DFカルレス・プジョルについて、クラブチームでは宿敵として、スペイン代表では仲間として切磋琢磨してきた盟友の離脱を嘆いた。

 カシージャスは9日に行われた記者会見で、「ビセンテ・デル・ボスケ監督の頭の中には、代役候補がしっかりと浮かんでいることだろう」と述べながらも、プジョルの離脱がスペイン代表に与える影響の大きさをこう説明した。

「大会連覇は可能だ。とはいえ、プジョルの離脱によりスペイン代表が厳しい局面に立たされたことは否めない。なぜなら、彼の不在はピッチ内外で大きな影響を及ぼすからだ」

「チームには抜けられると本当に困る選手がいるものだが、プジョルはまさにそういった存在なんだ。誰に対しても親切な彼は、代表を強く結束させてくれるし、若手の面倒も丁寧に見てくれる」

「チームのキャプテンを務めるプジョル(第3主将)、シャビ(第2主将)、僕の3人は、とても良い関係を築き続けてきた。それだけに彼の負傷は本当に残念だ。今はただ、早期回復を願うばかりだ」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る