2012.05.11

ローマのL・エンリケ監督が退任を表明「疲れ切った」

 ローマのルイス・エンリケ監督が、今シーズンで退任する意向を明らかにした。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・ スポルト』が報じている。
 
 10日の練習後、ルイス・エンリケ監督は全選手とスタッフを集め、以下のように語っている。
 
「ここを去ることは私にとって大きな敗北だ。望むことを浸透させることができなかった。アイデアの100パーセントを、ピッチで表現することができなかった。一人ひとりの本当の能力を引き出すことができなくて申し訳ない」
 
「誰かのせいで去るのではない。自分が望む指導ができなかったからだ。疲れ切ったよ」
 
 ルイス・エンリケは今シーズンからローマの監督に就任。しかし、最終節を残してリーグ戦7位に低迷し、ヨーロッパリーグ出場圏内の5位に届かずシーズンを終えることが確定している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る