2012.05.10

兵役問題で揺れるパク・チュヨン、A代表&五輪代表への招集が濃厚

 兵役延期問題で揺れるアーセナルの韓国代表FWパク・チュヨンが、ブラジル・ワールドカップ最終予選とロンドン・オリンピックの韓国代表に招集されることが明らかになった。韓国紙『朝鮮日報』が報じている。

 パク・チュヨンは以前所属していたモナコでの長期滞在ビザを取得して、兵役を10年延期していたが、これが問題となり、韓国代表に招集するべきかどうか議論が巻き起こっていた。

 大韓サッカー協会の関係者によると、8日に同協会のチョ・ジュンヨン会長、韓国代表のチェ・ガンヒ監督、オリンピック代表のホン・ミョンボ監督が会談を行い、パク・チュヨンをワールドカップ予選とオリンピックの両代表に招集することを決定したという。現実問題として同選手の代わりを務めることができる選手がおらず、問題が長引けば両代表にとって痛手となると考えたようだ。

 パク・チュヨンはプレミアリーグ終了後に帰国し、自身の兵役問題について会見を行う予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る