2012.05.10

負傷のプジョルがユーロ出場を断念「手術室でなくピッチ上で引退したい」

 バルセロナDFカルレス・プジョルが9日に会見を開き、右ひざのけがによりユーロ2012への出場は不可能であることを明らかにした。バルセロナの公式HPが伝えている。

 プジョルは5日のリーガ・エスパニョーラ第37節エスパニョール戦の試合中に負傷し、全治6週間と診断されていた。

 プジョルは「(ユーロに)出場したいが、かなり厳しい。医師の診断を待たなければならないが、出場は不可能だと思う。僕よりコンディションのいい選手がいる。ベストな選手が出るべきだ。スペインには優秀なセンターバックがいるし、何も心配はしていない」と話し、ユーロへの出場は難しいとの見解を示した。

 また、「早く復帰できるよう手術を受けることだけ考えている。早く良くなってすぐプレーできるようになると確信している。僕にとって最後のユーロだったかは分からないけど、手術室ではなくピッチの上で引退したい。100パーセントの状態に戻ることだけ考えている。それからスペイン代表に戻れたら、出場100試合を達成したい」と続け、早期の復帰を誓っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る