2012.05.07

ダービー敗戦で優勝を逃したアッレグリ監督「最終節まで最善を尽くす」

 セリエA第37節が6日に行われ、2位のミランがインテルとの“ミラノ・ダービー”に臨み2-4で敗れた。首位のユヴェントスがカリアリに勝利したため、最終節を残してユヴェントスの9シーズンぶりとなるイタリア最多28回目のリーグ優勝を決まった。
 
 インテル戦後、タイトルを逃したミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が心境を語った。クラブ公式HPが伝えている。
 
 ダービーの敗戦について、「個々のプレーがいい結果に結びつかなかった。選手たちは十分よくやってくれたよ。残念ながらイグナツィオ・ アバーテは2度のダービーで2回のミスを犯してしまったが、それは問題じゃない。彼にとってはさらに成長するきっかけになるだろう」と振り返ったアッレグリ監督。
 
 さらに「勝ち点を80に伸ばさなければいけない。最終節はホームの試合だ。ファンの前で我々は最善を尽くさなければならない。それが、ユヴェントスが素晴らしかったという証にもなるんだ。ノヴァーラとの試合が終われば今シーズンを分析するよ。水曜日以降、勝利でシーズンを終わらせることだけを考えている」と続け、優勝は逃したもののホームでの最終戦を勝利で終えることを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る