2012.05.06

フランス代表DFサニャが今季2度目の骨折…ユーロ出場が絶望的に

 アーセナルに所属するフランス代表DFバカリ・サニャが、5日に行われたプレミアリーグ第37節のノリッジ戦で腓骨を骨折し、6月に開幕するユーロ2012への出場が絶望的となった。クラブの公式HPが伝えている。

 サニャは、ノリッジ戦で先発出場。しかし、33分に負傷でフランシス・コクランと交代していた。

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は試合後、「彼のシーズンは終わってしまった。ユーロでもプレーできないだろう。(昨年10月に骨折した)同じ腓骨だよ」とサニャの状態をコメント。「一人で倒れたのではなく、相手に蹴られた時に負傷してしまったようだ」と負傷した状況を説明した。

 サニャは、昨年10月2日に行われたプレミアリーグ第7節のトッテナム戦で、腓骨を骨折。約4カ月間の離脱を強いられていた。なお、詳しい容態は数日中に発表される見込み。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る