2012.05.05

トッテナム指揮官がモドリッチの残留を希望「代えの利かない選手」

 トッテナムを率いるハリー・レドナップ監督は、去就が不透明となっているクロアチア代表MFルカ・モドリッチを「代えの利かない選手」だと語った。クラブの幹部に対し、残留させることに全力を注ぐことを求めている。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 モドリッチは昨夏、チェルシーのターゲットとなっていたが、トッテナムが放出を頑なに拒んだため、大型移籍は成立しなかった。しかし、同選手は今夏再びチェルシーやマンチェスター・Cの標的となるのではと伝えられている。今シーズン、4位以内に入り来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるかどうかは、モドリッチの去就を大きく左右するものになるだろう。
 
 レドナップは次のように述べ、モドリッチの残留を願っている。
 
「彼はファンタスティックであり、高いプロ意識を備えたトップ選手だ。彼の代役はいない。売ることはできでも、彼ほどの選手の穴を埋めることはできない。彼は世界トップクラスの選手の1人であり、アメイジングなプレーヤーなんだ」
 
「だからこそ、他のクラブはルカを欲しがる。金額に見合うだけの価値がある選手だからね。我々はルカを売りたくない。留めておきたいよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る