2012.05.03

伊紙、長友と森本に辛口「記憶に留めるべきレッスン」「一度も攻められず」

 イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、セリエA第36節の選手採点を発表した。インテルに所属する長友佑都と、ノヴァーラに所属する森本貴幸は、平均的な採点を与えられたものの、短評では厳しいコメントを受けている。
 
 長友は2日のパルマ戦に先発出場したが、負傷の影響によりハーフタイムで交代。チームも1-3で敗れた。ガゼッタ紙は長友に「5.5」をつけ、「守備面で、記憶に留めるべき困難なレッスンとなった試合の一つ。ジョナタンに苦しめられ、ジョナタンにひざ蹴りをくらい、途中交代を強いられた」とコメントを掲載している。
 
 フィオレンティーナと対戦したノヴァーラは、2-2の引き分けに終わった。この結果、ノヴァーラのセリエB降格が決定している。ガゼッタ紙は75分から途中出場した森本に対しても、「5.5」を記録。「ペナルティエリア内でチャンスをうかがったが、一度も攻め立てることはできず」と厳しく評価している。

[写真]=FOTO SINO

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る