2012.05.03

イタリアで前代未聞の事件勃発…監督が口論の末、選手を殴り解任される

 フィオレンティーナは3日、デリオ・ロッシ監督を解任したとクラブの公式HPで発表した。

 デリオ・ロッシ監督は2日に行われたセリエA第36節のノヴァーラ戦で、33分に交代したMFアデム・リャイッチとベンチ前で口論。交代させられたことに不満を持ったリャイッチが拍手し、親指を立てる挑発行為をしてきたことに激怒し、ベンチに下がった同選手に殴りかかった。

 フィオレンティーナは、後半に2点のビハインドを取り返して引き分けに持ち込んだが、アンドレア・デッラ・ヴァッレ名誉会長は試合後、「リャイッチが交代した直後の映像を見たよ。デリオ・ロッシの苛烈な行動から、彼を解任することに決めた。明日、もっと落ち着いた状態で話すよ」とコメント。デリオ・ロッシ監督の解任を発表した。

 また、「ロッシと話していると、寛大で今回の行動に値するような人物ではなく残念だが、彼は重大な行為を犯した」と、突然の暴挙に無念さを滲ませた。

 デリオ・ロッシ監督は、昨年11月に成績不振でシニシャ・ミハイロヴィチ前監督が解任されたことを受け、監督に就任。クラブ再建を託されたが、第36節終了時点でも降格圏と勝ち点6差の15位と低迷したままだった。なお、後任監督は発表されていない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る