2012.05.02

戦う前から優勝決定もありうるレアル、サン・マメスからシベレス広場へ行けるか

 前節は正午からの試合でセビージャに3-0と完璧な勝利を挙げながら、日曜最後の試合で2位のバルセロナもラージョに7-0と大差で勝ったため、優勝確定にお預けを喰らってしまったレアル・マドリード。それでも勝ち点差7のままで、残り試合が1つ減ったため、今節ではかなりの可能性でタイトルゲットということになりそうだ。ただし、少々ややこしいのは今回、ライバルが1つ前の時間帯でチャンピオンズリーグ出場圏内入りを争っているマラガと対戦。そこで負ければ、レアル・マドリードは試合開始前から優勝、引き分けた場合は引き分け以上、勝った場合は彼らも勝たないと優勝が決まらないことだろう。よって、ここ2週間、レギュラーメンバーはチャンピオンズリーグ準決勝やクラシコの激戦に出ずっぱりということもあり、前提条件次第では、スタメンがガラリと変わる ということもあるかもしれない。

 そんな中、1つ確かなのはセビージャ戦で5枚目のイエローカードをもらったディ・マリアが出場停止になることぐらいだが、43得点でメッシとリーガ得点王レースのトップに並んでいるクリスティアーノ・ロナウドだけは出場するとしても、他は現時点で予想するのが難しい。というのも、前節見せたプレーぶりから、チームがチャンピオンズリーグ準決勝敗退のショックを乗り越えたのは伺えたものの、残り試合に全勝すると、前人未到のシーズン通算勝ち点数100に達するというのが、モウリーニョ監督の目標に値するかどうか、わからないからだ。ちなみに消化試合になった時でも、このところあまり出ていないカカとイグアインが使ってもらえないようであれば、この夏、パリSGへ移籍するという噂にかなりの信憑性があるという見方がされてくるだろう。

 一方、アスレティックは前節、ヨーロッパリーグ準決勝で疲労の溜まったレギュラーの多くを休ませ、結果的にサラゴサに0-2と敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内まで勝ち点差7となり、ヨーロッパリーグ出場はコパ・デル・レイ決勝進出で保証されているため、それ以上の野望はほぼ絶たれてしまった。こうなると、もう目指すはバルセロナを破ってのコパ・デル・レイ制覇か、アトレティコ・マドリードを破ってのヨーロッパリーグ優勝しかなくなってしまったとなれば、リーグ戦は二の次にされる可能性もある。とはいえ、そこは熱狂的なサポーターが応援してくれるホームでの試合、キックオフ前から相手の優勝が決まっているのならともかく、サン・マメスで凱歌をあげさせてなるものかという意地もあるだろう。また、5月9日にヨーロッパリーグ決勝とあって、このミッドウィークの試合が丁度いい予行練習になるのも間違いない。となれば、累積警告枚数に達したアンデル・エレーラ、イトゥラスペの出場停止は仕方ないものの、あとはここまでヨーロッパリーグで快進撃を続けてきたレギュラーを使わない手はないはずだが、これもまた、マルセロ・ビエルサ監督が選手の状態を見ながら決めるといった感じだろうか。

【予想スタメン】
・アスレティック・ビルバオ[4-2-3-1]
GK:1.イライソス
DF:15.イラオラ、24.ハビ・マルティネス、5.アモレビエタ、3.アウルテネチェ
MF:23.エキサ、10.デ・マルコス、14.スサエタ、28.イバイ、19.ムニアイン
FW:9.フェルナンド・ジョレンテ

・レアル・マドリード[4-2-3-1]
GK:1.カシージャス
DF:17.アルベロア、4.セルヒオ・ラモス、3.ペペ、12.マルセロ
MF:14.シャビ・アロンソ、6.ケディラ、21.カジェホン、7.クリスティアーノ・ロナウド、10.エジル
FW:9.ベンゼマ(20.イグアイン)

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る