2012.05.02

重傷を負ったバレンシアのカナーレス、降格の古巣ラシンにエール

 右ひざの故障再発により今シーズン絶望となったバレンシアのU-21スペイン代表MFカナーレスだが、自身を追うかのように悲劇に見舞われた古巣のラシン・サンタンデールを心配しているという。

 カナーレスは、先月11日に行われた第33節ラージョ・バジェカーノ戦で6カ月ぶりに復帰を果たしたものの、わずか2週間後の26日に行われたヨーロッパリーグ準決勝のアトレティコ・マドリードとのセカンドレグで右ひざの前十字じん帯を再び断裂。もう6カ月の戦線離脱を余儀なくされた。

 これにより合計1年間もプレーを妨げられることになったカナーレスだが、28日のレアル・ソシエダ戦に0-3で敗れ、シーズン終了まで3試合を残して2部降格が決定した古巣に対して、自身のツイッターを通じてエールを送った。

「ラシンの選手とサポーターをとにかく応援したい。彼らなら必ずや1部に戻って来られると、僕は確信している。ラシンは1部にいるべきチームだ!」

 一方、近日中に手術を受ける予定のカナーレスは、ファンからの暖かい声援にも感謝の意を示している。

「励ましてくれる全ての人々に、またも感謝の言葉を送りたい。皆の愛情の深さには改めて驚かされている。今回も絶対に苦境を乗り越えてみせる!」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る