2012.05.02

優勝目前のモウリーニョ監督が続投示唆「最後のリーガタイトルにならない」

 レアル・マドリードは2日、延期されていたリーガ・エスパニョーラ第20節で、アウェーのアスレティック・ビルバオ戦に臨む。勝利すれば、最多の32回目のリーグ制覇を果たすことになる一戦を控え、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

「タイトルを手にするまでは、全ては仮定の話だね。タイトルに近いことは分かっているし、ビルバオ戦や土曜日の試合、その先にリーガが我々のものになる。我々は、自分達に対する信頼があるんだ。タイトルを獲得した時は、喜びを感じるだろうね。今シーズンのタイトルが自分にとって、最後のリーガタイトルにはならないと思うし、さらに多くのことを祝福できるだろう。私はフィエスタや祝勝会を好んで開く人間ではないが、目標の1つはヨーロッパそして世界の3大リーグのタイトルを獲得することで、リーガを獲得した時は、間違いなくタイトルを祝うことだろうし、大きな幸せを感じるだろうね」

「チームは記録を求めていくのではなく、素晴らしいライバルが3連覇を達成した非常に大事なリーガというタイトルを勝つことだけを求めているんだ。国内リーグのタイトルを一番に求めていくことが前提だが、記録も興味深くタイトルを彩るものだね。しかし、タイトルが一番の目標だよ。昨シーズン、最後の3試合はタイトル争いが終わり、記録について考えることができた。だが、まずチームとしての目標が目前にある時はそれを第一に考えないといけない」

「リーガは勝たなければいけないね。そうでなければ、惜しかったの一言で終わる。タイトルは獲得しないといけないし、タイトルと共に素晴らしいシーズンを過ごしたと言うことができるだろう。もしも、バルセロナにポジティブな印象がつくのであれば、彼らよりも上に行く我々にはより大きな価値が与えられるものだよ。まだ若いチームで、成長していくのびしろがある。シーズンが終わったとき、次のシーズンに向けて更に強いチームになるための準備期間もあるしね」

 レアル・マドリードはビルバオ戦で勝利するか、同日に試合を行う2位のバルセロナが敗れれば、優勝が決定。引き分けた場合も、バルセロナが引き分け以下に終われば、レアル・マドリードの4シーズンぶり32回目のリーグ優勝が決まる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る