2012.05.01

来シーズンのCL出場権獲得に自信を見せるチェフ「経験が助けとなる」

 チェルシーのチェコ代表GKペトル・チェフは、チャンピオンズリーグの出場経験が、プレミアリーグの4位争いを勝ち抜く上で優位に働くと語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 チェルシーは35試合を終えた時点で6位に低迷しているが、4位トッテナムと5位ニューカッスルとは勝ち点差が1しか離れていない。2日に迎えるホームのニューカッスル戦は、4位を懸けた重要な一戦となる。
 
 しかし、チェフは自分たちの豊富な経験を理由に挙げ、ニューカッスル戦に自信を見せた。
 
「僕らの経験が、2日のニューカッスル戦ではとても重要になると思う。ニューカッスルは長い間チャンピオンズリーグを戦ったことがない。彼らはたった一度しか経験していないはずだ。それに比べ、僕らは何度も欧州最高峰の舞台で戦ってきた。僕らの経験は助けとなってくれるはずさ」
 
 チェルシーは、仮にバイエルンとのチャンピオンズリーグ決勝戦に勝利すれば、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得られるので、リーグの4位争いの重要度は低いのではとの見方もある。しかし、チェフは4位を決め、よりCL決勝に集中できる環境を望んでいる。
 
「僕たちはファイナルに集中しやすい状況を作って、決勝の地に赴きたい。それが理想だが、そのためには戦い続けなければならないだろう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る