2012.05.01

レドナップ、4位争いの激化を認める「差は縮まっている」

 
 トッテナムを率いるハリー・レドナップ監督は、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸け、し烈な4位争いを強いられることになると語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 トッテナムは先月30日に行われたブラックバーン戦に2-0で勝利を収めた。この結果トッテナムは4位に浮上したが、5位ニューカッスルとは勝ち点62で並んでおり、6位チェルシーとも1しか勝ち点差が離れておらず、非常に均衡した状況が続いている。
 
 レドナップは4位を懸け、激しい争いが繰り広げられると示唆した。
 
「3チームの差は縮まっている。今のチェルシーが多くの試合を落とすチームには思えない。ニューカッスルはファンタスティックなことをやってのけているが、彼らにはチェルシーとのアウェー戦が控えている。興味深いものになるだろう」
 
 また、レドナップは2日に行われるアウェーのボルトン戦とアストン・ヴィラ戦に警戒心を示した。
 
「ボルトンの調子は良い。残留を懸け戦っているし、アストン・ヴィラだって結果が欲しいはずだ。それでも、我々は彼らに勝ちにいかなければならないし。もし勝つことができれば4位でのフィニッシュに大きく近づくことができるね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る