2012.05.01

天王山で値千金ヘッドのマンCコンパニ「チーム全員の勝利だ」

 プレミアリーグ第36節が4月30日に行われ、マンチェスター・Cとマンチェスター・Uが対戦。“史上最大のダービー”と目された試合で、ホームのシティが1-0でユナイテッドに競り勝ち首位を奪還、優勝に大きく前進した。
 
 試合で唯一の貴重なゴールをヘディングで決めたマンチェスター・CのDFヴィンセント・コンパニが試合後、喜びのコメントを語った。『スカイスポーツ』が伝えている。
 
 優勝をたぐり寄せる会心の勝利を「まったく興奮しているよ。僕らはこのために努力してきたんだ。この瞬間を待っていた。だけどまだ終わりじゃないことも分かっている。今シーズン、ダービー2勝をファンにプレゼントできた。残り2試合もいい結果を見せてシーズンを締めくくらないとね」と振り返った。
 
 価値ある決勝ゴールについては、「今日、僕が得点するって誰かが書いていたんだ。その時は馬鹿げているって思った。今日の勝利はチーム全員のものだよ。マン・オブ・ザ・マッチが僕だった聞いたけど、他の選手たちのおかげだよ。すごいパフォーマンスがたくさんあって、僕はそれがハッピーだ」と語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る