2012.04.30

優勝を懸けたマンチェスター・ダービー、意地とプライドの激突

 長らくマンチェスターのみならず、イングランドの主君として君臨してきたユナイテッド。地元の人々に愛されながら、ユナイテッドの後塵を拝してきたシティ。この構図が激変したのが2008年だった。

 オーナーが交代し、シティが豊富な資金を得たことにより、両者の距離は急速に縮まっていく。そして2012年4月30日、両雄はクラブのプライドと優勝という最高の栄冠を懸けて、歴史上で最も重要といっても過言ではない163回目のマンチェスター・ダービーに臨む。

 首位ユナイテッドと2位シティの勝ち点差はわずかに3。得失点差の関係からシティが勝利すればユナイテッドから首位を奪還する。ダービーを含め残り3試合。まさに“優勝決定戦”といっても過言ではないシチュエーションだ。

 昨年10月の対戦ではシティが敵地で6−1という歴史的大勝を収めた。通算成績はユナイテッドの68勝50分け44敗だが、かつてほどの力の差がないことは明白。実際、シティの得点数、非失点数はリーグ1位。ポテンシャルの高さはもはや数字でも表れている。シティはホームのアドバンテージを生かし、セルヒオ・アグエロら大型補強で加入した選手たちの個の力を引き出したい。対するユナイテッドは敵地でどのような戦いを見せるのか。経験豊富なチームと指揮官の選択に注目が集まる。

 両クラブともに、今シーズンのすべてを懸けて臨む一戦。注目の首位攻防戦は4月30日20時(日本時間翌5月1日4時)にキックオフ。日本ではJ SPROTS 4で3時54分から独占生中継される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る