2012.04.30

ギグス、マンCとの事実上の“決勝戦”に興奮「待ちきれない」

 プレミアリーグ第36節マンチェスター・C対マンチェスター・Uの一戦が30日に行われる。タイトルの行方を左右するダービーを前に、マンチェスター・UのMFライアン・ギグスがクラブ公式HPで心境を語っている。
 
 両者の勝ち点差は3。仮にユナイテッドが勝利すれば優勝は決定的で、逆にシティが勝利すれば得失点差の関係から首位を奪還することになる。いわばプレミアリーグのタイトルを懸けた事実上の“決勝戦”とも言えるのが、今回のダービーなのだ。
 
 首位決戦となるダービーに、「この試合が何より重要。試合までの1週間は長く感じたよ。選手であるなら、絶対に出場したい試合だ。月曜日のキックオフが待ちきれない」とベテランMFも興奮を隠し切れない様子で話した。
 
 さらに、「タフな試合になる。それは相手も同じ。我々同様、彼らも絶対に勝ちたいと思っているさ。だけど、このリーグを優勝するのに相応しいチームは我々だと証明してみせる」と続け、力強く意気込みを語った。
 
 “勝ち点1でもOKでは?”との問いには、「必ず勝ちにいく。もし残り数分で同点なら、無理をして6、7人がゴールを狙うことはないだろうけどね(笑)。でも、我々は必ず勝利を目指す。彼ら相手に守勢に回ったらチームは一枚岩でなくなるかもしれない」と答え、攻めに出る姿勢を強調している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る