FOLLOW US

バイエルン宇佐美にCL決勝ベンチ入りの可能性…日本人初の快挙なるか

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが25日に行われ、レアル・マドリードとMF宇佐美貴史が所属するバイエルンが対戦。試合は2試合合計3-3のままPK戦へ突入し、PK戦を3-1で勝利したバイエルンが2シーズンぶりの決勝進出を決めた。

 決勝進出を決めたバイエルンだが、レアル・マドリード戦でDFホルガー・バトシュトゥバー、MFダヴィト・アラバ、MFルイス・グスタヴォが警告を受け、累積警告で決勝戦の欠場が決定。宇佐美が決勝戦で18名のベンチメンバーに入る可能性が出てきている。

 チャンピオンズリーグで日本人所属クラブが決勝進出するのは、今回のバイエルンが初。仮に宇佐美が決勝戦にベンチ入りすれば、日本人初の快挙となる。昨シーズンは、シャルケの日本代表DF内田篤人が準決勝に出場。前身のチャンピオンズカップでは1978-1979シーズンに元日本代表MFの奥寺康彦氏が所属するケルンが準決勝に進んでいた。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO