2012.04.26

貴重なPKを沈めたロッベン「全員がハングリーでアグレッシブだった」

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが25日に行われ、レアル・マドリードとMF宇佐美貴史の所属するバイエルンが対戦。試合は2試合合計3-3のままPK戦へ突入し、PK戦を3-1で勝利したバイエルンが2シーズンぶりの決勝進出を決めた。
 
 2点を先行された27分、合計スコアで同点に追いつく貴重なPKを決めたバイエルンMFアルイェン・ロッベンが、試合後に喜びのコメントを語った。『スカイスポーツ』が報じている
 
「僕たちのチームをとても誇りに思うよ。だって試合開始後14分で0-2だったんだ。メンタルが強くなければ、あの状況に対応して巻き返すことなんてできないよ」
 
「残りの時間は本当にいいサッカーができていた。僕たちこそ決勝進出に相応しかったと言ってもいいと思う。僕らは本当にハングリーだったし、全員が本当にアグレッシブだったよ」
 
 なお、決勝戦は5月19日、バイエルンのホームであるミュンヘンで行われる。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る