FOLLOW US

PKセーブで殊勲のノイアー「みんなが努力を積み重ねてきた」

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが25日に行われ、レアル・マドリードとバイエルンが対戦した。90分間では2-1でレアル・マドリードが勝ち越したが、2試合合計では3-3と同点。延長戦でも決着はつかず、PK戦を3-1で制したバイエルンが2シーズンぶりの決勝進出を決めた。

 PK戦で2本のシュートを止めたバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが試合を振り返り、以下のように語った。クラブの公式HPが伝えている。

「みんなこのために努力を積み重ねてきたんだ。2試合とも互角に渡り合えたし、最後は順当に勝ち進んだと思う」

「どうしてもPKは止めたかったよ。もちろん運に恵まれた面もある。あと2つも決勝戦(チャンピオンズリーグとドイツ・カップ)を戦えるのは、いいことだね」

 なお、決勝戦は5月19日にミュンヘンで行われ、チェルシーとの対戦となる。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO