FOLLOW US

敵地で勝利のユーヴェが無敗での首位を維持…ミランが勝ち点3差で追走

 セリエA第33節が25日、各地で行われた。

 首位を走るユヴェントスは、アウェーでチェゼーナと対戦。1-0で勝利を収めた。

 ユヴェントスは、9分にPKを得るが、アンドレア・ピルロが放ったシュートはポストを叩き、絶好のチャンスを逃した。

 その後も、アウェーながら押し込んだユヴェントスだったが、80分に猛攻がついに実を結ぶ。スコアレスで迎えた中、右サイドから上がったクロスをミルコ・ヴチニッチが頭で落とすと、マルコ・ボリエッロがダイレクトシュートを叩き込んだ。

 均衡を破ったユヴェントスは、そのまま逃げ切りに成功。敵地で完封勝ちを収めた。

 また、2位のミランはホームにジェノアを迎えて対戦。両チームともに無得点で推移した試合だったが、試合終了間際の86分にミランのケヴィン・プリンス・ボアテングが先制点を奪取。ボアテングのゴールがそのまま決勝点となり、ミランが1-0で勝利した。

 この結果、ユヴェントスが勝ち点74で首位を維持。同71で2位のミランが追走している。なお、最下位に沈むチェゼーナのセリエB降格が決まった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO