FOLLOW US

バイエルンがレアルをPKで下し、地元開催のCL決勝でチェルシーと激突

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが25日に行われ、レアル・マドリードがホームでMF宇佐美貴史の所属するバイエルンと対戦した。宇佐美は、ベンチから外れている。

 アウェーのファーストレグで1-2と敗れていたレアル・マドリードは、序盤から勢い良く攻めに出ると、6分にアンヘル・ディ・マリアのシュートがダヴィト・アラバのハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。このPKをクリスティアーノ・ロナウドが沈め、レアル・マドリードが先制した。

 レアル・マドリードは幸先良く先手を奪うと、14分にもC・ロナウドが再び得点。メスト・エジルのパスをゴール前で受けると、右足を振り抜きゴールネットを揺らした。

 一方、2点のリードを奪われたバイエルンも、反撃を見せる。27分にトニ・クロースのクロスに飛び込んだマリオ・ゴメスが、ペナルティーエリア内でペペに倒されてPKを得た。獲得したPKはアルイェン・ロッベンが蹴り込み、バイエルンが1点を取り返し、2試合合計スコアでも同点となった。

 後半に入ると、打ち合いとなった前半とは一転、試合は膠着状態に陥った。レアル・マドリードはカカを投入して追加点を狙ったが、ゴールは生まれないままに後半は終了。2試合合計スコアは3-3で、延長戦に突入した。

 しかし、延長戦でも両チームともに決め手を欠き、勝敗はPK戦に委ねられた。PK戦では、バイエルンのGKマヌエル・ノイアーが、C・ロナウドとカカのシュートをセーブ。3-1で勝利したバイエルンが、2シーズンぶりの決勝進出を決めた。

 なお、決勝戦は5月19日にミュンヘンで行われ、チェルシーとの対戦となる。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO