2012.04.25

ユヴェントス指揮官、セリエA終盤戦に向け「我々は姿勢を変えない」

 残り5節を残しセリエA首位をひた走るユヴェントス。2位ミランとの勝ち点差は3。25日に控える第33節チェゼーナ戦を前に、アントニオ・コンテ監督が終盤戦への意気込みを語った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。
 
「地に足をつけて行こう。何かを成し遂げたときに祝えばいい。勝者が歴史を作る。2位では駄目だ。勝ち点差が3あるのは素晴らしいことだ。ミランに対して1試合分のボーナスを稼いでいるんだからね。現在はユヴェントスが称賛されているが、そのことで我々が姿勢を変えてはいけない」
 
「私は冷静だ。我々の選手は常に良い驚きを与えてくれた。勝ち点7のビハインドから3ポイントリードまで来たんだ。成長と個性を示しながらね。我々には失うものがないんだ。とにかく悔いなくシーズンを終えようと思う」
 
 また、これまで継続しているリーグ無敗記録について「数字は大事だ。フルヴィオ・ベルナルディーニ、ファビオ・カペッロ、マルチェロ・リッピといった素晴らしい監督たちと比較されるのは誇りだ。だけど、記録が歴史に刻まれるのは勝利につながった時だけさ。そうでなければ、ただうれしいというだけで終わってしまう」と述べ、あくまでリーグ優勝にこだわる姿勢を示した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る