FOLLOW US

インテルの主将“鉄人”サネッティが負傷離脱

 長友佑都が所属するインテルのキャプテンであるアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティが、負傷により戦線離脱した。

 サネッティは、22日に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦の試合中に負傷。後半開始から長友と交代し、ピッチから退いていた。

 サネッティはフィオレンティーナ戦後に「左足に違和感があった。練習中にアキレス腱に軽い痛みがあったが、それをかばうために違う部分に余計な負担をかけたのかも知れない」と負傷を示唆。その後は別メニューでの調整が続き、25日に行われるセリエA第33節のウディネーゼとのアウェー戦に臨む遠征メンバーから外れた。

 サネッティは今シーズンのリーグ戦32試合に出場。11日に行われたセリエA第32節のシエナ戦では、歴代3位タイとなるリーグ戦570試合目の出場を果たしていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO