2012.04.25

レアルとの決戦を目前にバイエルン指揮官「拮抗したゲームになる」

 レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグを前に、バイエルンのユップ・ハインケス監督が記者会見に臨んだ。『UEFA.com』が伝えている。
 
「サッカーの醍醐味を堪能してもらえるだろう。伝統と実績のあるチーム同士の対戦であり、たいへん拮抗したゲームになるはずだ。私はこの地(マドリード)で指揮を執った経験があるから、このスタジアムが特別な雰囲気になることも知っている。素晴らしい思い出があるよ。チャンピオンズリーグ優勝を経験して、このタイトルがレアル・マドリード関係者やファンにとってどれほど大きな意味があるのかを実感したんだ」
 
「相手にはゴールが必要だが、我々もいつでも得点できる力がある。90分間で決着が着かず、延長戦を戦うこともあり得る。レアル・マドリードの攻撃陣はとてつもなく強力だが、それは我々も同じ。ただ、レアル・マドリードが今シーズンの国内リーグだけで109ゴール、公式戦では約150ゴールを記録していることは覚えておかなければならない。その破壊力には万全の警戒をして臨む必要がある」
 
 本拠地のファーストレグでレアル・マドリードに2-1で勝利しているバイエルンは、引き分け以上の結果で決勝進出が決定する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る