FOLLOW US

王者バルサ撃破でCL決勝進出のチェルシー監督「我々の資質を見せた」

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが24日に行われ、バルセロナとチェルシーが対戦。2-2の引き分けに終わり、2試合合計で3-2と上回ったチェルシーが4シーズンぶりの決勝進出を決めた。
 
 チェルシーのロベルト・ディ・マッテオ暫定監督が、試合を振り返り、以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。
 
「快挙を達成してくれた。チェルシーが敗退すると多くの人が予想したが、選手たちには気迫があった。10人での戦いは、予想よりもさらに厳しい状況だった。バルセロナは偉大なチーム。だが、我々の資質を見せることができた。難しいシーズンを送っているが、ここぞというときの底力がある。それがDNAになっているんだ」
 
「ラミレスのゴールが大きかった。1ゴールが必要だと試合前に言ったが、その1点を奪うことができた。あのゴールのおかげで、もう一度優位に立てたんだ。後半は情熱、誇り、そして決勝への意欲が問われていた。残り45分を耐え切れば決勝へ進めると分かっていた。何よりもそれが大切だった。我々はこのスタジアムで信じられない快挙を成し遂げた。いつか、この決勝のことをじっくり考えたい」
 
 なお、決勝戦は5月19日にミュンヘンで行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO