2012.04.25

バルセロナ指揮官「勝つことも負けることもあるのがサッカーの美しさ」

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが24日に行われ、バルセロナとチェルシーが対戦。2-2の引き分けに終わり、2試合合計で3-2と上回ったチェルシーが4シーズンぶりの決勝進出を決めた。
 
 バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、試合を振り返り、以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。
 
「選手たちは落胆している。もっと得点するチャンスもあったし、PKもあった。だが結果が出なかった。チェルシーの守備を破るのは困難だったよ。サイドから崩したかったが、容易ではなかった。彼らのようなチームの破り方を研究し見つけ出すことが今後の課題だ」
 
「勇敢に戦ったチェルシーを祝福したい。決勝での健闘を祈っている。我々は来シーズン、再び決勝の舞台に戻るつもりだ。この大会では非常にいい戦いをしてきたが、勝つこともあれば負けることもある。それもサッカーの美しさなんだ」
 
 なお、決勝戦は5月19日にミュンヘンで行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る