2012.04.25

退場処分に落胆するチェルシーのテリー「ファンに謝罪したい」

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが24日に行われ、バルセロナが本拠地カンプ・ノウにチェルシーを迎えた。バルセロナMFセルヒオ・ブスケの先制ゴールを皮切りに両チームが点を奪い合ったゲームは2−2のドローで決着。2試合合計スコアで3-2と上回ったチェルシーが4シーズンぶりの決勝進出を決めた。
 
 37分に退場処分を受け、歓喜の瞬間をピッチで迎えることができなかったチェルシーのDFジョン・テリーが、試合後に謝罪の弁を述べた。『スカイスポーツ』が報じている。
 
「私は故意に人を傷つけるようなプレーヤーではないんだ。後から考えると膝を上げるべきではなかった。でも私の事を知っている人は、私がそんな選手じゃないことは分かっているはずだ」
 
「落胆している。だが、みんなのために喜んだよ。彼らは10人でやり遂げたんだ…。失望させた仲間には謝罪した。同じようにチェルシーのファンたちにも謝罪したいと思っている。あの退場がチームのパフォーマンスに何も影響を及ぼさないことを願っているよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る