FOLLOW US

ボルトンが敵地で逆転し、4戦ぶり白星…先発の宮市は前半だけで交代

 延期されていたプレミアリーグ第29節が24日に行われ、日本代表MF宮市亮が所属するボルトンはアウェーでアストン・ヴィラと対戦。2-1で勝利した。

 宮市が2試合連続で先発出場したボルトンは、0-0で迎えた61分に失点。アストン・ヴィラに先制点を奪われてしまう。

 アウェーで1点のビハインドを背負ったボルトンだったが、宮市との交代で投入されたケヴィン・デイヴィスが63分にPKを獲得。これをマルティン・ペトロフが落ち着いて沈め、試合を振り出しに戻した。

 同点に追いついたボルトンは、直後の64分にもダヴィド・エンゴグが得点。勝ち越し点を奪った。

 一挙に逆転したボルトンは、そのまま逃げ切りに成功。4試合ぶりの勝利で勝ち点を33まで伸ばし、残留圏内の17位ウィガンに勝ち点1差に迫った。なお、宮市は前半のみの出場となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO