FOLLOW US

乾の将来に現地ジャーナリストが太鼓判「2部にいるのが不思議」

 ドイツ2部のボーフムでプレーする日本代表MFの乾貴士について、フリージャーナリストのギュンター・ポール氏は、「彼がなぜ2部にいるのか不思議に思うよ」と語った。『ワールドサッカーキング(No.213)』における特集「日本人プレーヤー飛躍の現在地」内で語っている。

 ドイツ誌『キッカー』に「彼はボーフムのシンジ・カガワだ」と評されたこともある乾。ポール氏は、「良い意味で驚かされている。スピードがあって、何をやるか分からない豊かな創造性も持ち合わせているんだ」とコメント。乾のプレースタイルをたたえ、指揮官やチームメートからも信頼されているとの見解を示した。

 さらに、「1部のチームで十分やっていけるだけのクオリティを備えている。正直、彼のような素晴らしい選手がなぜ2部にいるのか、不思議に思うくらいさ」と語り、ブンデスリーガでも通用するだけの力があると語った。

 乾には、ニュルンベルクや来シーズンの1部への昇格を決めたフランクフルトが獲得に興味を示していると報じられている。今シーズン、高いパフォーマンスを維持してきた乾だけに、今夏にチャンスをつかみ取る可能性は十分にありそうだ。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO