FOLLOW US

香川、優勝の喜びを噛みしめる「生涯忘れられない勝利」

 ドルトムントは21日、ボルシアMGと対戦。2−0で勝利し、残り2試合を残してリーグ2連覇を達成した。ダメ押しとなるゴールを決めた日本代表MFの香川真司は、ファンに向けて自身の公式HPで優勝の報告を行なっている。
 
 香川は59分に貴重な追加点をマーク。ドルトムントの優勝を大きく手繰り寄せたゴールについて、「『キーパーをかわして蹴る』という簡単そうなプレイですが、実際は難易度の高いものでした。プレッシャーの中、あのタイミングでファーストタッチをコントロールして、逆の足でシュートを放つーー。最大限の集中力と技術が注がれた瞬間でした」とコメント。難しいシュートだったと語った。ゴール後のセレブレーションについては、「『よっしゃぁ~!』『みたかぁ!』との思いでサポーターにその嬉しさをぶちまけた」とその喜びを表現したと述べた。
 
 また、優勝について香川は、「あの優勝の時の凄さ、まさに夢がかなった瞬間を感じとってもらえたかと思います。サッカーであろうと何であろうと、何かを勝ち取った瞬間は最高です」と語り、夢をかなえた喜びを伝えた。さらに、「試合後、歓喜に酔いしれるチームメイトを見て、未来のサッカーを背負っていくサッカー少年、少女たちに大きく夢を持ってもらえれば」と子供たちにエールを送った。
 
 前半戦、チームと香川自身が調子に乗れなかったことについて、「その苦しみをマイナスではなくプラスと捉え、前向きに動き続けることが成長につながると信じて日々練習をこなしてきました。その結果の集大成が土曜日の試合、そして優勝だったわけです」と語り、ポジティブにサッカーと向き合い続けたことがリーグ優勝につながったと語った。そして、「サッカーを問わず、人として生きていれば苦しいこと、辛いことがあるはず。みんなも目の前に取り組んでいることに対して、決してあきらめず夢を持ち続けてほしいです!」ともコメントを残している。
 
 最後に、香川は「この優勝を勝ち取れたのは僕を取り囲むみなさんのおかげです」と語り、サポーターや家族、チームメイトに感謝の言葉を述べた。残り試合も気を抜かずに戦っていくことを誓い、ブログを締めくくっている。

[写真]=千葉格 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO