2012.04.24

サポーター暴動のジェノア、ホーム2試合が無観客試合に…新監督就任も発表

 22日のセリエA第34節シエナ戦、ウルトラスの暴動で試合が一時中断したジェノアに2試合の無観客試合処分が下された。これにより、5月2日の第36節カリアリ戦と同月13日の最終節パレルモ戦のホーム2試合は無観客試合となることが決まっている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。
 
 現在、降格圏の18位レッチェと勝ち点1差のジェノアは、さらなる苦境に追い込まれた。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、問題の行動を起こしたウルトラスに対して非難の声を上げている。
 
「彼らのような人間がいる世界で投資を続けるべきか、考えさせられる。こんな見世物の前では無力だ。続ける価値があるのかさえ考えなければならない」
 
 さらにプレツィオージ会長は、降格の危機に直面していることについて、「前進しよう。トライしなければいけない。まだ降格が決まったわけじゃない。無論こういうプレーが続けば、降格はあり得る。だけど、何かが変わると信じている。力を出せるはずだ」と述べた。
 
 なおジェノアは、アルベルト・マレザーニ監督の退任を発表。4月25日の第33節ミラン戦からはルイジ・ディ・カーニオ新監督が指揮を執る。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング