FOLLOW US

“クラシコ”で決勝点のC・ロナウド「素晴らしいシーズンを送っている」

 リーガ・エスパニョーラ第35節が21日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦。2-1でアウェーのレアル・マドリードが勝利した。

 1-1の状況だった73分に決勝点を挙げたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが、試合後に大一番での勝利を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「勝利をもたらした得点だったけれど勝利が一番大事で、重要なのは素晴らしいパフォーマンスを見せたチームだよ。最初にチームメート達を祝福したい。非常に良いプレーをしていたからね」

「まだリーグ戦は4試合残っている。勝ち点7差は厳しくはない状況だけど、今後の試合も重要だと認識しなければいけないね。チーム状態は良くて満足しているし、意欲にも溢れている。続く試合で僕らに課されている責任も知っているよ」

「カンプ・ノウで勝ったこと、(1シーズンのリーグでの)得点記録を破ったことに非常に満足している。素晴らしい年になっているし、水曜日はチャンピオンズリーグでこの調子を続けなければね。この勝利の後、自信をつけることができ、水曜日に良い結果を出せると期待感を膨らませているよ」

 首位のレアル・マドリードは、2位のバルセロナとの直接対決を制したことで勝ち点を88まで伸ばし、バルセロナとの勝ち点差も7に広げた。また、クリスティアーノ・ロナウドも今シーズン42得点目で、得点ランク単独トップに浮上した。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO