FOLLOW US

香川が2年連続8回目の優勝を決めたドルトムントの“顔”に

 ブンデスリーガ第32節が21日に行われ、ドルトムントはボルシアMGを2-0で下し、2年連続8回目の優勝を決めた。ドルトムントの日本代表MF香川真司はトップ下で先発出場し、得点を決めて勝利に大きく貢献している。

 連覇を決めたことで、ドルトムントの公式HPは早くも“優勝仕様”に。香川とユルゲン・クロップ監督が抱き合うシーンがHPのトップの画像として用いられた。

 香川は今シーズン、13得点を決めて連覇の原動力に。1年を通してドルトムントの“顔”として大きな役割を担ったシーズンとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO