FOLLOW US

首位レアルが2位バルサとの“クラシコ”制す…勝ち点7差で優勝に前進

 リーガ・エスパニョーラ第35節が21日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦した。

 2位のバルセロナが、首位のレアル・マドリードをホームに迎えた“クラシコ”は、序盤からバルセロナがボールを支配。試合を優位に進める。

 しかし、先制したのは劣勢だったレアル・マドリード。11分にアンヘル・ディ・マリアのCKからペペがヘディングシュートを放つ。一度はGKビクトル・バルデスが弾くが、こぼれ球をサミ・ケディラが押し込んだ。

 先手を許したバルセロナは、26分にリオネル・メッシのスルーパスからシャビ・エルナンデスがGKとの1対1を迎えるが、シュートを決めきれず決定機を逃してしまう。

 レアル・マドリードが1点リードして迎えた後半も、バルセロナが押し込む展開が続くが、70分にバルセロナの波状攻撃から最後は途中出場のアレクシス・サンチェスが蹴り込み、同点ゴールを奪取。試合を振り出しに戻す。

 ところが、同点直後の73分にメスト・エジルのスルーパスから抜けだしたクリスティアーノ・ロナウドが得点。レアル・マドリードが勝ち越しに成功した。

 再びリードを奪ったレアル・マドリードは、結局バルセロナの攻撃をアレクシス・サンチェスの1点に抑え、敵地で2-1と勝利。直接対決を制したことで勝ち点を88まで伸ばし、バルセロナとの勝ち点差を7に広げた。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO