FOLLOW US

宇佐美がブンデス初先発フル出場…バイエルン逆転勝利で優勝に望みつなぐ

 ブンデスリーガ第32節が21日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するバイエルンはアウェーでブレーメンと対戦し、2-1で勝利。これにより、ドルトムントの2季連続8度目のブンデス制覇は、この後行われるボルシアMG戦に委ねられることになった。

 25日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦に向けて、アルイェン・ロッベンやフランク・リベリーら主力を温存したバイエルンは、宇佐美がリーグ初スタメンを飾った。

 逆転優勝のためには勝利しか許されないバイエルンだったが、51分に先制点を許す苦しい展開に。バイエルンはたまらずリベリーやトニ・クロース、マリオ・ゴメスを投入し攻勢を強めると、75分にはオウンゴールで同点に追いつく。そして迎えたロスタイム、バイエルンはリベリーが逆転ゴールを叩きこみ、首位ドルトムントとの勝ち点差を5に縮めている。

 第2節のヴォルフスブルク戦以来の出場となった宇佐美は、右サイドでドリブル突破を見せるなど、フル出場を果たした。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO