FOLLOW US

現地記者が宮市を分析「プレミアの逸材。スピードはリーグトップクラス」

 ボルトンに所属する日本代表FW宮市亮について、イギリス紙『デイリー・ミラー』の記者を務めるデイヴィッド・マクドネル氏は、「プレミアリーグの逸材として頭角を現している」と評価した。『ワールドサッカーキング(No.213)』における特集「日本人プレーヤー飛躍の現在地」内で語っている。

 今冬、アーセナルからボルトンに移籍し、一気にブレイクした宮市に対して、マクドネル氏は「ボルトンへの移籍は大成功だ。ボルトンに来てからは水を得た魚のようにピッチで躍動している」とコメント。

 また、マンチェスター・Cやチェルシーといったビッグクラブとの対戦で相手DFを苦しめた場面を例に出し、「スピードに関しては間違いなくリーグトップクラス。2カ月前までは全く無名の存在だったが、短期間でプレミアリーグの逸材として頭角を現している。(オーウェン)コイル監督も残留の切り札として彼に大きな期待を寄せている」と絶賛した。

「来シーズンはアーセナルの戦力として計算できるか?」という問いに対しては、「宮市はウイングの選手に何よりもスピードを求める(アルセーヌ)ヴェンゲルの考えにぴったりと当てはまる」とコメント。「2シーズン前の(ジャック)ウィルシャーのように、ボルトンからアーセナルに戻って主力に定着する可能性は十分にある」と締めくくっている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO