2012.04.21

バイエルン、ロッベンとケンカのリベリーに約540万円の罰金を命じる

 フランス代表MFフランク・リベリーとオランダ代表MFアルイェン・ロッベンが17日行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、バイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリード戦で殴り合いのケンカを演じたとドイツ紙『ビルト』が報じている。
 
 ケンカの原因となったのは、45分のFKの場面。リベリーが蹴ろうとボールを持ったところ、ロッベンが普段練習で蹴っているトニ・クロースが蹴るべきと主張。しかし、クロースが直接FKを外したため、納得のいかなかったリベリーが激怒し、ハーフタイムのロッカールームでロッベンと殴り合いのケンカになったと伝えられている。
 
 これに対し、2選手は試合後チームメートに謝罪。バイエルンはリベリーに5万ユーロ(約540万円)の罰金を科したとしている。バイエルン会長のカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は「すべての状況を把握している」とコメントを残し、事態の鎮静化に努めている模様だ。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る