FOLLOW US

元日本代表DF宮本氏がクラシコの勝敗を予想「3-1でバルセロナ」

 21日に行われるリーガ・エスパニョーラ第35節で、全世界が注目するバルセロナ対レアル・マドリードの“クラシコ”が行われる。このビッグマッチを独占生中継するWOWOWのゲスト解説を務める元日本代表DF宮本恒靖氏が、伝統の一戦について語った。

 宮本氏は、バルセロナの攻撃について、「スピードに乗られたら、止めることは非常に難しいでしょう」とコメント。「もし自分が対戦できるならリスクを承知で、高い位置から積極的にプレッシャーをかけて戦いたいです」と自身の考えを示した。

 バルセロナとのここ5試合の対戦で未勝利のレアル・マドリードについては、「過去にはバルセロナに大敗を喫した試合もありましたが、チームの完成度はその時に比べて高くなっています。今シーズン結果を残してきたレアルには、引いてカウンターを狙うのではなく、がっぷり四つに組んだ試合を期待します」と話した。

 クラシコのキーマンについては、「レアルでは攻守両面で(サミ)ケディラでしょう。バルサは(アンドレス)イニエスタのコンディションが鍵を握ると思います」と2人の名前を挙げた宮本氏。勝敗予想は、「ホームのバルセロナが有利で、予想をするなら3-1」とバルセロナ勝利を予想しているが、「シーズンを通して考えた時には、レアルが優勝に相応しいチームだと思っています」とレアル・マドリードのリーガ優勝を予想している。

[写真]=AFLO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO