2012.04.20

コイル監督、ムアンバの復帰を願うも「今は家族との時間が必要」

 ボルトンを率いるオーウェン・コイル監督は、先日退院したMFファブリス・ムアンバについて、復帰も可能との見解を示している。ただし、その道のりは厳しいものになるとも付け加えた。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ムアンバは、3月17日に行われたFAカップ準々決勝のトッテナム戦でピッチに倒れ、病院に搬送された。一時は心肺停止に陥り命の危険もあったが、奇跡的な回復を見せ、16日に病院を退院している。
 
 ある専門家は、ムアンバの復帰には少なくとも6カ月はかかると主張。コイルは、ムアンバの復帰を願いつつ、時間をかけて見守っていく必要があると語った。
 
「退院したムアンバには、さらなる回復のために、まだ時間が必要だということを理解しなければならない」
 
「しかし、私はファブリスのことを良く知っている。彼は戦士だ。復帰しても驚きはないだろう。ただ、彼にはまだ家族との時間が必要だということを強調しておかなければならない。一時期、ファブリスの子どもたちは彼に会うことができなかった。だからこそ、家族で過ごす時間は大事だよ」
 
「もしファブリスがピッチに再び立ち、以前と同じレベルでプレーできれば、間違いなく誰にとっても後押しとなるだろう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る